医院紹介

院長あいさつ

院長 水谷 泰之(みずのや ひろゆき)
日本眼科学会認定 眼科専門医

大学病院との連携を密に、患者様の〝思い〟や〝希望〟も診る
「町の眼医者」を目指して

外科医である父の背中を見て育った私は、器用な手先を活かし顕微鏡手術のスペシャリストを目指したいという思いから、眼科医の道を選びました。大学病院や総合病院で実績を積み上げた後、長年在籍した大阪医科大学眼科学教室、最後の勤務先となった高槻病院の近くで開業させて頂きました。
『町の眼医者』として患者様に向き合う上では、「患者様が本当に望んでいることは何か」を正確に把握することが最も大切だと私は感じています。症状やデータだけではなく患者様の思いや希望をしっかりと受け止めた上で、一緒に治療計画を立てるように心がけています。
また当院は近隣の大学病院や総合病院と協力・連携しながら、安全で質の高い眼科医療を提供しています。小さいながらも、設備や治療機器は最新のものを取りそろえています。患者様に心から納得の行く治療を受けて頂ける眼科医院であり続けるため、これからも院長をはじめスタッフ一同切磋琢磨して参ります。

平成13年 川崎医科大学医学部 卒業
平成13年 大阪医科大学附属病院 眼科
平成14年 大阪厚生年金病院 眼科
平成16年 耳原総合病院 眼科
平成20年 愛仁会高槻病院 眼科
平成21年 みずのや眼科 開院

スタッフ紹介

看護師・受付・眼科コメディカルスタッフ

 

視能訓練士(2名)
当院では子供の視野検査や斜視の検査は必ず視能訓練士が行っています。
視能訓練士とは、医師の指示のもと眼科領域における各種検査や視能矯正を行う国家資格のスペシャリストです。
当院では大阪医科大学附属病院や高槻病院眼科と連携しており、お子様の目のことで不安がある方や学校の検診で斜視等の疑いを指摘されたという方は、当院にご相談ください。

 

診療時間

 日・祝
9:00〜12:00 ×
16:00〜19:00 × ×

※水曜日午前は検査・レーザー等予約診療と紹介状のある初診の方のみ受付11時半まで、午後は手術を行います。
休診日:土曜午後・日曜祝日

初コンタクトレンズの方は受付終了30分前までにお越し下さい。
往診は完全予約制で月曜午後、木曜午後です。

土曜日は交代制です。担当医はブログをご確認下さい。

アクセス

医院名 みずのや眼科
所在地 〒569-1115 大阪府高槻市古曽部町2-13-4  MRビル2F
TEL 072-690-7555
FAX 072-690-7676
最寄り駅 JR「高槻駅」北口より徒歩8分
駐車場 有り

(ビル裏の駐車場1番・2番が空いている場合はご利用下さい。2番は往診車専用の場合があり、その際はコーンを設置しますので駐車はご遠慮下さい。
当院北側の愛仁会リハビリテーション病院第2駐車場をご利用下さい。駐車券をお持ちに頂ければ、サービス券をお渡しします。現在愛仁会リハビリテーション病院地下駐車場のサービス券使用は出来ません。)

院内写真

受付

 

待合室

 

検査室

診察室

 

手術室

 

コンタクトレンズコーナー

電子カルテシステム(ニデック社NAVIS CL)

電子カルテシステムを採用し,すべての検査器械と連動しており、画面を見ながら説明が可能です。

 

スリットランプ

細い光を眼に当てて主に眼の表面(結膜~角膜)、水晶体、硝子体、網膜などを顕微鏡で細かく検査します。

 

眼底カメラ(コーワ社製VX-10)

網膜、視神経(目の底)を撮影することが出来ます。
通常は散瞳(瞳を拡げる)が必要ですが当院のカメラは真ん中だけであれば散瞳なしで撮影出来ます。
また、造影剤を使って網膜・脈絡膜の血管の状態を撮影出来ます。

屈折・角膜曲率・眼圧測定装置(ニデック社TONOREF2)

近視、遠視、乱視などの度数や角膜(黒目)のカーブを測れます。
さらに眼圧(目の硬さ)も同じ器械にて測れ、移動の必要がありません。

 

角膜内皮細胞測定装置(コーナン・メディカル社ノンコンロボ7)

角膜(黒目)の内側の細胞を測定する器械です。

 

両眼視機能検査装置・両眼視簡易検査器(ワック社D-5000 AUTO)

仮性近視の治療や眼精疲労軽減目的に使用します。

視野測定装置(カールツァイス社HFA740I)

緑内障の発見や進行の有無を確認するため視野(見えている範囲)を測定する装置です。

 

OCT(光干渉断層計:NIDEK社RS3000)

眼底三次元画像解析が出来、黄斑疾患や緑内障の検査に使用します。

 

A・Bモード超音波画像診断装置(ニデック社US-4000)

超音波を使って眼球内を見たり、白内障術前検査にて眼球の長さを測るのに使用します。

グリーンレーザー装置(エレックス社 solitaire)

糖尿病や眼底出血で網膜(目の底)が悪くなった方や狭隅角や閉塞隅角緑内障で虹彩(茶目)に穴を開けるためのレーザーです。

 

YAGレーザー

白内障術後の後発白内障に対して使用します。また、当院のレーザーは緑内障の眼圧を下げるためのレーザー治療である選択的線維柱帯形成術(SLT)が可能です。

 

視野測定装置(イナミ社 ゴールドマン視野検査計)

ハンフリー視野検査同様、緑内障や視神経・脳疾患に使用します。

光学式眼軸長計測装置(ハーグストレイト社 LENSTAR LS900)

従来の超音波測定よりも正確に測定でき、白内障術後の精度を上げる事ができます。

 
 

手術設備

白内障手術装置(Alcon社製Centurion Vision System)

Ozilハンドピースにて効率のいい超音波吸引が可能な最新の機械です。最少1.8mm切開手術が可能で、オートサート眼内レンズ自動挿入機能付きです。

 

手術用顕微鏡装置(ライカ社 M501)

白内障など眼科手術のための顕微鏡です。

 

IQエアー

手術室内は IQ エアークリーナーにより、空気清浄度を保っています。