眼瞼けいれん治療

眼瞼けいれんとは?

自分の意思とは関係なく、目の周りの筋肉がけいれんし、目が開けにくくなる病気です。
50歳~70歳代の女性に多く見られ、まれに20歳代でも起こることがあります。
眼瞼けいれんは、パソコンなどで目を酷使している方だけでなく、普通に生活している方にも多い病気です。

このような症状はございませんか?

下記の症状に2つ以上当てはまれば眼瞼けいれんの可能性があります。

  • 光がまぶしい
  • まばたきの回数が多くなった
  • まぶたがピクピクする
  • 目が乾き、ショボショボする
  • 目を開けているのがつらい
  • 目や目の周囲に違和感や異物感がある
  • 以前のように自然なまばたきができない
  • 意思とは関係なく目をつぶる

ボトックス注射療法

ボトックス注射療法 ボトックスって何?
ボツリヌス菌が産生する毒素を分解・精製した製剤を用い、過剰な筋肉の収縮を抑える治療です。
美容外科領域では筋肉の収縮を抑える働きを利用し、顔のしわを目立たなくする目的でボトックス注射療法が施行されています。
眼瞼けいれんにおいては、緊張している筋肉にボトックス注射をすることで、収縮の原因になっている神経の働きを抑えて筋肉を緩めます。効果を実感できる期間には個人差があるので、症状を見ながら治療を行います。