小児の近視抑制治療
(低濃度アトロピン点眼治療)について

近視について

日本人の高校生以上の2人に1人は近視と言われています。先進国において近視は視力障害の主要な原因であり、近視は主に小児期に進行します。また、高度な近視の場合は、視力喪失、黄斑変性症、網膜剥離、緑内障などの眼疾患に発展する可能性があります。
近視は眼球が楕円形に伸び、ピントの位置がずれる事で生じる軸性近視のケースが多く、一度眼球が伸びると元には戻りません。そのため、眼軸長の伸びを抑える事が近視の進行を防ぐには重要です。

治療について

アトロピン点眼には眼軸の伸展を抑制する効果があると言われ、近視の進行を遅らせる事が統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されています。1%のアトロピン点眼を使用した近視治療は1960年代から行われていますが、瞳が拡がる事によるまぶしさ、ピントを合わせる機能の低下による読み書きの困難、アレルギー症状などの副作用があり使用できませんでした。
近年アジア諸国において、低濃度のアトロピン点眼は近視の進行を抑制する効果が60%程度あると報告され、副作用もほぼない事が確認されました。
※ ただし、近視の進行を抑制するものであり、近視の進行を止めたり、近視自体を治したりはできません。

対象

・ 12歳以下の学童
・ -6D以下の中等度近視
・ 1−3ヶ月毎の定期通院が可能な方

治療点眼薬 ※厚生労働省未承認薬です

・ 低濃度アトロピン点眼薬(0.01%アトロピン点眼液5ml、商品名マイオピン)

点眼方法

両目1日1回 寝る前に点眼(1ヶ月で1本使い切り)

治療の流れ ※混合診療禁止のため、保険診療と自由診療を同日には出来ません

Step1治療申し込み(保険診療)

治療の対象であるかの適応検査・診察します。

Step2初回検査(自由診療)

治療開始前の検査、治療内容の説明→点眼を1本処方し治療開始します。

Step31ヶ月検診(自由診療)

検査、使用状況確認、副作用の有無等を確認→異常なければ点眼を3本処方します。

・3ヶ月毎に定期検診を行います。
・治療は2年以上継続していただく事をお勧めしていますが、途中中止も可能です。

Step43ヶ月検診以後の定期検査(自由診療))

検査、使用状況確認、副作用の有無等を確認→異常なければ点眼を3本処方します。

・3ヶ月毎に定期検診を行います。
・治療は2年以上継続していただく事をお勧めしていますが、途中中止も可能です。

 

治療費用(全て税込)※自由診療のため、健康保険・子ども医療費助成制度適応外です

検査・診察費用1,080円+点眼費用1本あたり2,970円

初回 4,050円 (検査・診察費用+点眼1本分込み)
1ヶ月検診 7,020円 (検査・診察費用+点眼2本分込み)
3ヶ月以後検診 9,990円 (検査・診察費用+点眼3本分込み)